相続税の話

みなさん、前にも書きましたが、「相続」と「相続税」を混同されている方もいらっしゃるか、と思います。

しかし、相続税には様々な控除等があり、実際に「相続税」を支払う人は、100に5、6人と推計されています。

 

相続税について

相続税の対象になるかどうかは、まず次の計算式で想定できます。

相続財産-(基礎控除5000万円+法定相続人×1000万円)=相続税の対象になる金額

相続財産から、まず5000万円控除され、その上法定相続人一人当たり1000万円の控除が受けられます。


例1)6000万円の相続財産があって、法定相続人が3人の場合は下記のようになります。

   6000万円-(5000万円+3000万円)=マイナス2000万円

   この例の場合、相続税はかからないことになります。


例2)今度は1億2000万円を相続財産として上記の例に当てはめると下記のようになります。

   1億2000万円-(5000万円+3000万円)=プラス4000万円

   この場合、控除を超えた部分、すなわち、4000万円に相続税がかかります。


平成27年1月1日以降に相続が開始した場合(お亡くなりになった場合)、今までの基礎控除の「5000万円」が「3000万円」に、また法定相続人1人当たりの控除額が「1000万円」から「600万円」に減額されます。

 

お問合せは

「相続サポーター・吉田行政法務事務所」はお客様に代わって、戸籍の取得から、遺産分割協議書の作成など、その面倒な手続きを全面的にサポートします!
お問い合わせ、ご相談はすべて無料
です。お気軽にどうぞ。


電話 042-369-5441

電話でのお問い合わせ、ご相談は、月~金の午前9時~午後5時まで(土日、祝日を除く。)とさせていただきます。
メールでの相談は「お問合わせフォーム」をご利用ください。
お問合せフォームへ
(←当事務所別サイトのフォームへリンクしています。)


吉田行政法務事務所 http://www.yoshidat.net/
〒183-0004 東京都府中市紅葉丘2-4-48 
[地図]
TEL : 042-369-5441 / FAX : 042-400-0216