相続人の確定には戸籍の取得です

 亡くなった人(被相続人といいます。)の生まれたときから死亡するまでの「連続した戸籍」(戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍など)を取らなければなりません。


 戸籍関係は全て本籍の所在する市町村役場です。


 それとともに、相続人になる人(推定相続人といいます。)の生まれてから現在までの「連続した戸籍」(戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍)もとる必要があります。


戸籍の取得 イメージ画像 なぜ、戸籍をそんな昔までさかのぼって取るかというと、簡単にいえば「隠し子」がいるかどうかの確認をするためです。


 また、自分では全然知らないのに、親戚の「養子」になっていたりすることもあります。


 極端な例ですと、「自分が相続人だと思っていたけど、他にも自分と同じ相続人がいた」とか、「自分よりも優先順位の高い相続人が発見された」など、結構あるものです。


 このようにして、戸籍の取得によって、相続人を確定します。


 「戸籍」は非常に解読することが難しく、普通生活している人には手間と時間がかかり、大変な作業になってしまいます。