相続とは

相続はみんなに訪れます

「相続」と聞くと「それはお金持ちの話でしょ」と思われる人もいらっしゃると思います。しかし、人が死ねば「必ず」相続が発生します。


相続とは「相続」と「相続税」を一緒に考えられている人が結構いらっしゃるのでは。


「相続」は簡単に言えば、民法上の「手続き」です。


そして、先祖代々築いてきた財産の「引き継ぎ」です。


さらに「相続」には、亡くなった人、相続する人の「物語」があります。


「相続はひとり、ひとりの物語があり、単なる型にはめ込むことはできません。

100人いれば100通りの「相続」があるのです。
 

不幸にしてお父さんがお亡くなりになったら、奥さんと子供たちが「相続人」になります。お金(相続財産)がいくらあるかは関係なく、「相続」は発生し、その手続きを行わなければなりません。その手続きをしていないと、次に「相続」が発生したときに、大変手続きが面倒になってきます。


お子様やお孫さんたちに、そんな面倒な手続きを残さずに、「相続」が発生したときに、その手続きを行うべきです。