単純承認と限定承認

相続放棄を考えるとき イメージ

相続には、単純承認と限定承認があります。


単純承認は、被相続人の財産と債務を無条件・無制限に引き継ぐものです。

限定承認は、相続財産の範囲内で債務を引き継ぐものです。ただし、限定承認は、相続人の全員の同意が必要です。すなわち相続人全員が限定承認の相続をすることになります。

限定承認するには、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出する必要があります。