相続の発生時には口座を凍結します

相続が発生した場合、通常、被相続人(亡くなった人)の金融機関の口座を凍結することが原則です。

この凍結手続は比較的簡単です。たとえば銀行に「誰がいつ死亡したか」について電話で連絡し、金融機関の用意された書類を提出すればそれで、被相続人の口座は凍結されます。(解約ができなくなる)


その時に大事なことは、被相続人の死亡日時点の「残高証明書」を取ることです。


相続財産の確定は「被相続人の死亡した日」にさかのぼって行います。