「遺産分割協議書」を作成するまでの「遺産分割協議」が肝心です!

相続財産を「分ける」ので、利害関係が出てくることも当たり前です。


もちろん、民法で「法定相続分」は定められていますが、「遺産分割」は、相続人全員の同意があれば、どのように分割するかは、自由です。


だからこそ、相続人の間で「相続財産の取り合い」があることも事実です。

当事務所でも、その「遺産分割協議」に立ち会い、調整をすることも多くあります。


今までの実務上の経験で言えば、「あまり欲張らないこと」が円満な「遺産分割協議」の基本です。

そういう過程を踏まえて作成された「遺産分割協議書」は、相続人の想いも詰まった、重要な書類なのです。